中古ドメインをブログに使うべきか?使った場合のメリット・デメリット

どうも。管理人のYUNAです!

今回は、SEO対策のダークサイド、ブラックSEOともいわれている、中古ドメインについて注目してみたいと思います。

内容はズバリ、『2018年~2019年の現在、中古ドメインはSEOに効果ありか?そ使うべきか?』という問題。

最初に結論を言ってしまうと、2019年現在でも中古ドメインはSEOに効果があります。つまり、『中古ドメインが検索上位を取りやすい傾向はいまだにある』ということなので、私の場合は使うことをおすすめします。

そこで、中古ドメインをブログに使うべきか?と悩んでいる方に、こちらで解説したいと思います!

中古ドメインのメリット①インデックススピードの速さ

中古ドメインのメリットは、それは、インデックススピードの速さです。

この点に関してはブログサービスとあまり関係なく中古ドメインのメリットですね。

新規ドメインでスタートする場合には、インデックスされるまでに異様に時間がかかってしまいます。半年以上、下手すると1年以上はアフィリエイトで成果が出るまで時間がかかることもあります。

でも、中古ドメインを用いた手法でスタートさせるほうがSEO効果を発揮できる可能性は高いです。

わたしの場合、中古ドメインを使うと、即座にインデックスされることが多いです。

今まで複数サイトを運営していますが、約10日間で発生が出たこともあります!

型に沿ってアフィリエイトサイトを作れば、早ければ1ヶ月程度で発生が出ることもあります。

これは中古ドメインでないとなかなか難しいと思いますね。初成果までスピーディーにいきたいなら、中古ドメインしか選択肢はないでしょう。

中古ドメインのメリット②順位が上がりやすい

中古ドメインのメリットですが、まずは全体的に検索順位が上がりやすいというメリットがあります。

もっと具体的に言うと、新規ドメインと比べて順位が付くのもそうですが、さらに順位が上がるのも早いです。

どうして順位が上がりやすいかと言うと、中古ドメインは過去にWEBサイトとして運用されていたため、その過去サイトにリンクを貼られているからというのが大きな理由ですね。

昔とは違い、被リンク効果よりも、コンテンツ重視になったといわれていますが、未だに外部のサイトからリンクを受けること(被リンク)には順位を上昇させる効果があります。

もちろん、被リンクであれば何でも良いわけでは無く、質の良い被リンクとそうでないものがあり、その違いがそのまま中古ドメインの良し悪しに繋がっている、といったところです。

ただ、最近の【アクセス中古ドメイン】などの大手の中古ドメイン業者なら、SEO効果が期待できる高品質な中古ドメイン(オールドドメイン)を販売していて、メインサイトにもサテライトサイトにも最適なランクの中古ドメインを在庫変動はあるものの、常時1500本ほどラインアップしています。

中古ドメイン特有のリスクを最小限に抑えることが出来るようドメインの品質にこだわっているので、自信がない人は大手の業者で買うと安心ですよ!

アクセス中古ドメインの公式サイトはこちら

中古ドメインのメリット③記事の質の良し悪しがわかりやすい

先程述べたように、中古ドメインだと順位が付きやすいので、『記事の質の良し悪しもはっきり出る』傾向があります。

ちなみに、数年前までは中古ドメインなら記事の質なんてテキトーでもOK的な流れだったようですが良い中古ドメインだとしても、コンテンツの質が微妙だとある程度の順位までしか上がりません。

このため、自分のライティングの技術がどの程度なのかが分かるんですね。自分のスキルを見極めるのには最適です。

このようにたくさんのメリットが有る中古ドメインですが、デメリットも見ていきたいと思います!

中古ドメインのデメリット①本気でやるならある程度の資金が必要

中古ドメインのデメリットは本気でやるなら最初に資金が必要になる点です。

中古ドメインは当たり前ですが、値段が高いです。

私は、以下の中古ドメインを推奨しています。

  • 日本語運用ドメイン
  • サイトランク30以上
  • ページランク3以上
  • バックリンク数が多い
  • 教育機関・政府機関の被リンクつき
  • Wikipedia・ソーシャルメディアの被リンクつき

ただし、これらの条件をすべて満たすものとなると、かなり価格が高くなります。

私はあえて6千円~1万3千円までのものにしています。

全ての条件をクリアしていなくても、上記のどれかいくつかに当てはまっているぐらいのドメインを選ぶようにしています。

あまりドメインに高い価格を出しても、それほど効果は変わりません。コンテンツにもよりますので、この程度の価格にしましょう。

新規ドメインと比較すると、最初に初期投資が必要になるのが、中古ドメインのデメリットです。

販売中ドメインのリストを見る

中古ドメインのデメリット②当たり外れがある

もちろん、当たりドメインの中でも私が10日間で発生出たもののように、すぐに上がるものから、新規ドメインに比べると少し強いなど、中古ドメインによって強さに差があります。

値段はあまり関係がなく、本当に使ってみないとわからないところがあります。

ハズレ中古ドメインの場合、最悪のケースだとGoogle検索エンジンにインデックス(登録)すらされないのですが、最近では、こういったことはありません。【アクセス中古ドメイン】などの大手の中古ドメイン業者なら、返品も可能なので、そこまで怯えなくて良いでしょう。

ちゃんと見極められるためにはスキルが必要になってきますが最初にある程度ドメインのパワーランクなどを調べておくと大きく失敗することは少なくなっています。

まとめ 中古ドメインを賢く利用して役立てよう

WordPress×中古ドメインなど様々な方法やサイト・ブログの運用、作成に中古ドメインを利用して役立てるのは、今もかなりおすすめです!

中古ドメインを利用してきた経験から、質の高い中古ドメインを利用すれば多くのメリットがあります。

そして、最近では、インデックスされないなんて不具合もありませんし、仮にインデックスされなければ返品も可能な業者であれば、中古ドメインの利用が原因で生じるリスクも考えられません。

是非、最初にアフィリエイトをするなら、アクセス中古ドメインで質の高い中古ドメインを手に入れてください。

アクセス中古ドメインの公式サイトはこちら

中古ドメインなら大手のアクセス中古ドメイン!


アクセス中古ドメインは、アフィリエイトサイト等にSEO効果が期待できる高品質な中古ドメイン(オールドドメイン)を販売!

メインサイトにもサテライトサイトにも最適なランクの中古ドメインを在庫変動はあるものの、
常時1500本ほどラインアップ。

中古ドメイン特有のリスクを最小限に抑えることが出来るようドメインの品質にはこだわりあり!ドメインの品質にこだわる方には最適なラインアップです。

どんなものがあるか一度リストを見て、選定して使ってみてはいかがでしょうか。

販売中ドメインのリストを見る