はてなブログでのアフィリエイトをおすすめしない理由と正しい攻略法。

無料ブログの「はてなブログ」で、ブロガーとしてやっている方もいると思います。

2019年の10月から、はてなブログに置いて、個人営利利用の許諾をするというニュースが舞い込んできました。

はてなブログでは、今までアフィリエイトなどの営利目的での利用は禁じられていました。

したがって、堂々とアフィリエイトをしているブログに関しては、突如「非公開」になってしまったり、「BAN」されてしまうことも多かったのです。

しかし、2019年10月1日から、はてなブログ内でアフィリエイトを利用して、個人でビジネスができるようになります。

ただし、私個人としては、アフィリエイトをはてなブログでやることは絶対におすすめできません。その点について正しい攻略法も含めて、詳しくご紹介していきます。

はてなブログではアフィリエイトが禁止されていた

以前までは、はてなブログで、アフィリエイトが禁止されていたことをご存知でしょうか。

はてなブログについて、簡単に禁止事項をまとめると、以下のとおりになります。

  • 紹介ビジネス、マルチ商法などの勧誘は禁止
  • アダルト系のアフィリエイトは禁止
  • 社会通念上不適切な商材の販売は禁止

このように、個人営業利用が禁じられていたため、はてなブロガーは「雑記ブログ」及び、交流を主目的とした、趣味ブログのみしかできないと言う状態だったのです。(現在はWordPressで、月100万前後の売り上げがあります)

私も、実は一番最初にブログを始めたのははてなブログだったので、アフィリエイトを堂々と出来ない状態だったのでこの規律の厳しさを感じていました。

しかし、2019年10月1日にはてなブログの個人営業利用ガイドラインが改定され、アフィリエイトの条件は緩和されることになったのです。

1.記事やサイドバー、ヘッダ、フッタ、プロフィールページなどにブログ管理者が自身に収益が発生するよう設定した広告が挿入または記述されているもの。
・アドネットワークによって配信されるバナーやテキスト広告
・アフィリエイトASPとブログ管理者が契約して掲載するバナーやテキスト広告
・ブログ管理者が独自に広告主と契約して掲載するバナーやテキスト広告
・その他、ブログ作者に収益や特典が発生する紹介特典コードの掲載など

2.広告主から依頼されて執筆した記事を掲載するもの、また、自身のブログに依頼による記事を掲載することをサービスとして提供するもの
・金銭的報酬の他、広告主との契約に基づき、継続的に商品やサービスの提供を受けて記事を掲載するものも含まれます

3.自身または関係者の提供するサービスや商品、またコンテンツを宣伝、告知することを目的としているもの、サービスの認知やイメージの向上、情報提供を目的としているもの

4.学校や教育機関、各種教室やセミナー、ワークショップにおいて、生徒や参加者によって作成されたもの。詳細は後述の「教育目的利用のルール」をご参照ください。

5.その他、ブログの利用が収益につながっており、営利利用と判断することが妥当なもの

引用元:はてなブログ

注目すべき点は、アドネットワークやアフィリエイトなどの広告が利用できるようになり、広告収入を主目的とした利用ができるようになった点ですね。

はてなブログでアフィリエイトをおすすめしない理由とは?

はてなブログでアフィリエイトが解禁となりましたが、私個人としては、WordPressでアフィリエイトをやるべきで、WordPress一択だと思っています。

逆にはてなブログでやるメリットは皆無かと。

その理由ですが、以下の理由があります。

  • はてなブログのサービスが突然終了する恐れがある
  • アカウント情報が突然停止・解除される可能性がある
  • はてなブログサービスは10年前の仕様でスピードが重く、改善傾向がない
  • 入力補助機能が乏しく、カスタマイズが非常に面倒
  • SEOに弱く、ライバル不在のところでしか勝負が出来ない
  • はてなの読者の顔色を伺いながらになるので、尖った記事が書けない
  • はてなブログが特に料金的に安いわけではない(有料プランが必須)

このようなデメリットがあります。

順番に見ていきたいと思います。

はてなブログのサービスが突然終了する恐れがある・アカウント情報が停止・解除される可能性がある

はてなブログを含む無料ブログでは、運営元が所有しているサーバーを間借りしている状態なので、はてなブログのサービスが終了すればブログも終了となります。

はてなブログの運営元の都合で、潰れてしまえば、それまでになりますよね。

はてなブログが終了になってしまってから、WordPressへの移行をすることはできますが、スムーズにできるとは限りません。

はてなブログサービスに依存している以上、常に通報も含めた、アカウント停止などのリスクに怯えながら記事を作り続けることになります。

はてなブログの利用規約や2019年10月1日に個人営利利用ガイドラインが変更になったものの、定めている禁止事項に抵触すれば、ブログ記事の公開停止、要はBANになる可能性があります。

長期間、ブログ運用をし続けていくのであれば、レンタルサーバーを借りてブログ運用をするなど、WordPressが一番ですね。

はてなブログサービスはスピードが重く入力補助機能が乏しく、カスタマイズが非常に面倒

はてなブログサービスは、デザイン性がカスタマイズありけりなので、とても面倒です。

レスポンシブ機能などはありますが、アフィリエイトで発生を増やしたければ、細かくボタンなどもカスタマイズする必要性が有り、当然ながら非常に大変です。

しかし、WordPressなら、有料テーマを購入すれば、カスタマイズなしでも基本機能として、多くのアフィリエイトしやすい補助機能がついていますので、こういったカスタマイズが不要です。

アフィリエイトにおすすめのWordPressテーマはどれ?選定法は?

そして、はてなブログは、Googleスピードテストでも、異様にスピードが重く、サイトマップが読み込めないというエラーも発生しています。

WordPressなら、エンジニアの方に、スピードアップをしてもらったり、自分で高速のサーバーを借りることが出来ます。

SEOに弱く、ライバル不在のところでしか勝負が出来ない

一度Googleで、なにか調べ物をしてみてください。

検索をしてみて、はてなブログの記事が上位に来ていることはほぼありません。

発生がでにくいキーワード(ライバル不在・がら空き・成果が見込めない・趣味の日記)など、こういったキーワードなら、はてなブログが1ページ目に来ていることもありますが、はてなブログの個人のとある記事が、その他の個人サイトを抜かして、1位表示できているのは、ほぼ見かけません。

もちろん例外はありますが、企業がSEO対策をして上位表示させようとしているところに、個人のはてなブログが食い込んでいくのは非常に難しいです。

アフィリエイトで発生を伸ばそうと思えば、「売れるキーワード」で上位表示させないと売れないので、はてなブログで売上を伸ばすのは難易度が高いんです。

はてなの読者の顔色を伺いながら記事を投稿する必要があるので尖った記事が書けない

はてなブログは、特殊なブログ村です。

スターを付け合ったり、相互ブクマをしたり、初心者の方の場合は、読者の存在が支えになり、勇気づけられたり、応援してもらえる安心感はたしかにあります。

しかし、慣れてくるに従って、読者同士が交流をしなければならないという無言の圧力があります。

相互扶助会とは?:ある種のはてなブロガーのこと。お互いの記事にスターをつけたりブクマをつけることで、相互にアクセスアップのきっかけを作る人たちのこと。お互いが良かれでやってるから本当に相互扶助の精神で別に人畜無害なのだが、批判の的に晒されることも多い。

こちらの相互扶助会など、お互いが読者で楽しく訪問をして、アクセスアップを見込むのがはてなブログ。

無視するのも良いですが、大抵の人は、読者に気を使い出し、いらぬところに労力を割くことになってしまいます。

読者の数を競ったり、ブクマ数を競ったり、いらぬところで神経を使うようになります。

読者なんて、1円にもならないのに、そちらに気を使いだして、本来の目的と外れたことになってしまいます。

日記で交流を中心にしている人が多いので、その人達のことが気になり、尖った記事を書けなくなってしまいます。

はっきりいって、はてなブログのブロガーが、その人の記事から何かを買ってくれるなんてことはないので、気を使うだけ、無駄なんです。

「稼ぐ」ことが目的なら、稼ぐことに集中しなければいけませんよね。

はてなブログ内にずっといると、無意味な読者交流ばかりが増えていきます。

人脈はくそくらえ。疑われようが狭く深く愛されていればそれでよい。

要するに、新規検索流入を意識した、アフィリエイトの修行にはならないってことなんですね。

はてなブログが特に料金的に安いわけではない(有料プランは必須)

はてなブログでは無料プランの他に、有料プランの「はてなブログPro」があります。

はてなブログProは、独自ドメインの設定ができたり自動広告の非表示などができるのですが、はてなブログ内でGoogleアドセンスなどアドネットワーク広告を利用する場合、審査もそうですが、独自ドメインでブログ運用することが必須です。

なので、はてなブログProを契約して独自ドメインを取得して、アフィリエイトを行う必要があります。

こちらの料金ですが、WordPressでサーバーを借りて契約するのとそれほど料金が変わらず、機能性が落ちるはてなブログで運営していくメリットは感じられません。

検索エンジンから集客を。アフィリエイトで稼ぎたいなら無料ブログではなく、WordPressで本格的にやりましょう。

手順やること
1サーバーを借りる
2独自ドメインを取得する
3WordPressをインストールする
4無料のテーマを設定する
5ブログを書き始める

皆さんは、今すぐ客、濃い客を意識したことはありますか?

検索エンジンから集客したほうが「ユーザーが何を求めているのか」がハッキリしているので稼ぎやすいですね。

やはり検索エンジンからの集客を行うことは質の濃いアクセスを効率良く集められるからです。

現在、Googleが検索ツールとしてNO1である以上、「お客さんの質の濃さ」という話になると、現時点では検索エンジンに勝るものはないのです。

つまりはてなブログ内の読者と交流をして、記事を積み上げていってもなんの意味もありません。

検索に強いWordPressでアフィリエイトをすることが望ましいですし、効率が良いです。

初心者の方は、ブログをはてなブログから開始してもいいですが、半年以内に卒業しましょう。

そして、特化サイトで稼ぐのが一番です。

おすすめのレンタルサーバーはエックスサーバー【アフィリエイトなら必須】

私のおすすめのレンタルサーバーについてご紹介します。

それが、こちらの3つになります。

私は現在、エックスサーバーをメインに、ミックスホストと2つで使っています。

次にレンタルをするなら、ConoHa WINGで考えています。

これらの特徴を見ていきたいと思います。

ダントツでおすすめなのはエックスサーバー

SSL化:無料+手動設定
スペック:良い
管理画面:見やすい
情報量:ダントツに多い
料金:平均的

私は、これからアフィリエイトを始める初心者の方にも、真っ先におすすめしているのがエックスサーバーです。

わたしがエックスサーバーを選んだ理由は、安定性が抜群に良くサポートが良いから。

また、多くの方が使っているので、ググればすぐに情報が出てきます。その他ディスク容量や機能面を見ても大満足だったので、エックスサーバーを選びました。

少し気になったのが料金だったのですが、他と比べてもそうそう変わらず複数サイトを運営できますので、契約しました。

サーバー選びに失敗したくない、間違いなしの無難なサーバーがいい、月額1000円程度なら全然出すから良質なサーバーをという方には安心して使える素敵なレンタルサーバーです✨

エックスサーバーの公式サイトはこちら

WordPressで中古ドメインを賢く利用して役立てよう

WordPress×中古ドメインというのが、アフィリエイトでは最強です。

質の高い中古ドメインを利用すれば多くのメリットがあります。

WordPressで、アフィリエイトサイトを作るなら、2019年現在でも中古ドメインはSEOに効果があります。つまり、『中古ドメインが検索上位を取りやすい傾向はいまだにある』ということなので、私の場合は使うことをおすすめします。

中古ドメインをブログに使うべきか?使った場合のメリット・デメリット

中古ドメインをブログで使うべきかという点についてはこちらの記事をどうぞ。

是非、最初にアフィリエイトをするなら、アクセス中古ドメインで質の高い中古ドメインを手に入れてください。

アクセス中古ドメインの公式サイトはこちら

まとめ

アフィリエイトの収入については、私は月約100万円程度の稼ぎを得ています。

これほど多くの金額を稼げる副業ってやはりそうそうありません。

ただし、はてなブログは前述したように、おすすめしません。

特化ブログでWordPressできちんとしたものを作れば、アフィリエイターはアフィリエイトに集中できるはずです。

始めるのは楽かもしれませんが、きちんとしたWordPressで特化サイトを作れば、アフィリエイトの場合は、ブログを作り、ある程度の構築ができれば、不労所得として毎月一定の売上が安定して入ってきます。

また、成功すれば、月100万円、200万円、月8桁の収入もけして夢ではありません。

型に当てはめてさえすれば多くの金額が稼げるのが、アフィリエイトなんです。

私は、そういった基本の型で、実際にたくさん稼ぐ経験をしているので、その型にあてはめて、サイトをたくさん作っていくことで、無限に収益を伸ばすことが出来ます。

こちらのnoteで、それらの解説をしていますので、よかったらどうぞ。

月収100万円を稼ぐ!ブログの型の作り方noteはこちら