アフィリエイトに必要なセールスライティングは?コツについて!

セールスライティングで収入UPしたいと考えていませんか?

また、アフィリエイトで成功したいけれど、ライティングの仕方がわからないという方もいると思います。

実は、アフィリエイトの為にセールスライティングを学ぶことによって、収入アップに直結するようになります!

そこで、具体的な方法や、実際にどのようにライティングすれば売れるのか?ということについてご紹介したいと思います!

クリック数が少なくても成約が発生するようになるのがセールスライティング

種類収益発生の条件収益額難易度
ASPアフィ商品購入大きい高い
アドセンス型アフィ広告クリック小さい低い

ASPのアフィリエイトについては、クリックされるたびに成約が発生するというわけではありません。

たくさん発生させるには、やはりクリック数を増やす…と思いがちなのですが、実はクリック数が少ないのに成約率をアップさせることができます。

クリック数が少なくても、成約が発生する、成約率が高い理由は”適切なセールスライティングが出来ているから”です。

ここでいうのは、ASPアフィのことでアドセンスクリックとはまた違います。

ASPアフィリエイトの場合は、発生率を高くする必要があります。

アドセンス型のアフィリエイトはPVと収益が比例しますが、その一方で、ASPアフィはテクニック次第で、ぐいっと収益アップできるんですよね。

アフィリエイトのセールスライティングの基本は分かりやすい日本語

実はセールスライティングといっても、小難しい言葉で説明することが良いライティングというわけではありません。

実は、アフィリエイトサイトは、わかりやすい日本語が必要条件です。

私はライターとしてアフィリエイトサイトの作成に関わったことがあるのですが、「中学生でも読むことができる文章」、「読者がなるべく離脱しない文章」ということを心がけるように言われていました。

商品を探している人に対して、専門用語を使いまくってしまうと、チンプンカンプンになってしまいます。

分かりやすい日本語で、分かりやすく書くことが王道だと言えるでしょう。

ランキングを混ぜること

アフィリエイトの王道コンテンツは”おすすめランキング”や”おすすめ10選”といった記事です。

たしかにランキング記事やまとめ記事は、初心者でも簡単に作れて収益性も高いですが、おすすめキーワードや、ランキングキーワードは、ライバルが多く競合が多いです。

私のサイトは、ランキング記事やおすすめ記事ももちろんありますが、実はタイトルに「おすすめ○選」や、「ランキング」が含まれていなくても、ランキングを記事の最後や、中盤に混ぜています。

こういったサイトを作る難易度は低めなのはもちろんですが、ランキングを混ざるだけでも商品の魅力が際立ちますし、成約率が跳ね上がることがあります。

ランキングは、とてもおすすめの戦法です!

切り口を変えて競合性が少ない&成約に近いキーワードで試す

ランキングを書くのはとてもおすすめですが、競合との差別化が難しいですし、ライバルが強いので、上位表示しにくいことが多いです。

それよりは、切り口を変えてみて、競合性が少ないワードや成約に近いキーワードを・タイトルみたいな記事を書いたほうがいいと思います。

アフィリエイトの最終的な到達地点は”商品購入”です。

成約に近いキーワードを、競合性の低いところから攻めていきます。

こういったセールスライティングを使うことで、競合と別の切り口から読者誘導することができて、そして最終的には商品購入に結びつけることができます。

切り口を書いても、最終的に商品購入されるようにする

このように、ランキングやおすすめについては競合が高いですが、切り口を変えていけばチャンスは広がります。

大切なのは、切り口が違っていても最終的には商品購入に行き着くことです。

営業トークとも似ており営業でもそうですが、即買いをしそうなお客さんを誘導し、そして最終的なゴールに向けてアシストします!

テキストリンクでリンクを仕込むこととクローズを

とりあえずアフィリエイトリンクを踏んでもらうために、バナー広告を貼って終わりという方は多いです。

アフィリエイトで商品を買ってもらうためにはこれはやってはいけません。

読者がリンクを欲したタイミングで設置するのが良いのと、スマホからの読者が圧倒的に多いので、戻ることをしないことを考えて、リンクはたくさん置いておいて、クリックしやすいようにしておく必要があります。

読者は広告を踏むことに抵抗があることも多いので、デカデカとしたバナーは逆効果です。

文章中にシンプルなテキストリンクを貼るようにするだけで十分です。

最後はバナーを貼って終わりではなく、読者にどうしてもらいたいのか、広告を見てどうしてもらいたいのかをきちんと書いて誘導しましょう。

ライターとしての経験を積むのがベスト

クラウドソーシング系サイトでライティング受注しているとライターとしてのスキルが身につくので、ノウハウを盗むことができます!

アフィリエイト系の記事案件に応募すれば、アフィリエイトサイトを作っている企業や個人から依頼されることになりますので、自然とライティングのノウハウを盗めるはずです。

ランサーズ:ライティング案件が日本一豊富です。
クラウドワークス:ランサーズの次にライティング案件が多いサイト。

こういったクラウドソーシングサイトで依頼を受けて、ライティングをやってみましょう。するとセールスライティングが身につくはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • セールスライティングが出来ると、アフィ収入が伸びる。
  • セールスライティングは競合サイトとの差別化ができる
  • セールスライティングで切り口を変えつつ、最終的には広告リンクに読者誘導することが必要
  • セールスライティングはクラウドソーシングでライターをするとより一層身につきやすい

アフィリエイトで成約にまで持っていくには上手なライティングが必要。

セールスライティングを極めれば、少しのクリックでも成約に結びつけることができます!

できる営業マンはさくさくと売ると言われていますが、これはセールスライティングを身に着けたアフィリエイターも同様です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

アフィリエイターにおすすめのnoteを管理人は発売しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。