Cワードの疑問点を解決!Cワードを使った上での疑問点と答え

アフィリエイトで複数サイトを持つのは基本ですよね。

そこで、共起語文章作成ソフトCワードというソフトを使うことによって、効率よく中古ドメインの良し悪しを調べることが出来ます。

またCワードを使うことで、上位表示された記事にのみ力を入れることが出来ます。

1.中古ドメインにCワード通常版120記事を入れて様子見

2.まあまあな順位になったサイトに外注記事入れ

3.リンク付け

ざっくり言うとCワード通常版120記事を使って、これだけの流れでやっていくだけで、とても簡単にアフィリエイトのサイトを作る上で、偵察することができるというわけなんです。

共起語文章作成ソフト・Cワードで稼げる?使い方と攻略法

そこで、Cワードについての疑問点と私なりの答えをご紹介したいと思います。

\公式サイトはこちら/

Cワードを詳しくチェックする

疑問点1.Cワードで投稿した記事は、すぐにSearch Consoleに登録をしたほうがいいのか

疑問として、Cワードで投稿した記事は、Search Consoleに投稿をしたほうがいいのかという疑問がありますよね。

こちらについてですが、Cワードは基本的に「正規の文章を入れるまでの、中古ドメインの良し悪しや、上位表示できた記事だけに注力するための実験ソフト」だと考えておいてください。

つまり、Cワードで投稿した時点で、Search Consoleに登録をする必要はなく、ある程度上位表示されてきたものがあれば、それを正規の記事に差し替えて、そして登録をしたほうが良いと言えるでしょう。

ただ、今のSearch Consoleは、インデックススピードが速いので、すぐに勝手に登録されてしまうこともあります。

それは仕方がないですが、正規の記事に差し替えるまではあえて登録をしなくても良いと言えるでしょう。

疑問点2:Cワードで投稿→ある程度順位が上位に上がって、記事を差し替えた時に順位は落ちないか

Cワードで投稿をして、共起語が含まれた、記事が作成できたとしましょう。

上位表示された場合、そのままでは不自然な日本語の文章になっていますよね。

ですので、アフィリエイトサイトとして、発生が出るように、読者が離脱しないような正規の文章に差し替える必要があります。

元々、Cワードで共起語が含まれていた記事ですので、差し替えることで「順位が大幅に落ちてしまわないか」と疑問を感じる方もいるようです。

結論から言いますと、後から記事を差し替えたとしても、「順位が大幅に落ちる」ということはありません。

口コミを見ていても、そういったことは経験したことがありません。という方がほとんどです。

もちろん、載せ替えた後のコンテンツ次第ですし、あまりにも酷いコンテンツの場合には、アップデートで下がってしまう、順位が少し下がってしまう可能性は0ではありません。

ただ、その場合も、数ランク程度のダウンで、記事を差し替えたとしても、大幅下落、圏外に飛んでしまうことは有りません。

一度で差し替えずに、分けて差し替えたり、少しずつ差し替える

後から文章を正規のものに差し替えることは当然ながら必要です。

ただ、一度で差し替える必要はありません。

ランクが少しでも落ちてしまうことが不安だったりする場合は、少しずつ差し替えることもおすすめです。

もちろん、全て差し替えてから、Search Consoleに登録することをおすすめします。

ただ、上位表示されている時点で、発生は出やすいので、なるべく早く差し替えたほうが発生して、収益が早く出ます。

どちらを取るかですよね。

疑問点3:Cワードを使えば、文章の作成は楽になるのか

Cワードは共起語文章作成ソフトCワードというソフトを使うことによって、効率よく中古ドメインの良し悪しを調べることが出来ます。

Cワードとは、あくまでも、上位サイトを参考に共起語、キーワード比率を自由に調節した文章を吐き出すというソフトです。

自動なので、当然ながら、日本語として不自然な文章です。

けれども、すごいことに、高確率で上位表示されるのが特徴です。

ただ、その後こちらのCワードを使って、種を撒いて、上位表示させることができれば、自分の力を入れた文章と差し替えることで、発生を見込めます。

つまり、Cワードを使えば全く文章を書く必要がないだとか、ライティングの必要性がないというわけでは有りません。

結局の所、アフィリエイトの記事として、商品紹介をしたりだとか、成約がでるセールスライティングをしなければいけないことには変わりないです。

ただ、Cワードを使うことに寄って、効率よく、上がった記事だけを手直ししていくので、成果が出るまでも早いですし、無駄な労力もかからないわけです。

もしも、文章を書くことそのものが苦手なら、外注記事を投入するという方法もあります。

疑問点4:Cワードを使って元を取ることはできるのか

Cワードを使うことで、アフィリエイトの成果は発生するのかという点ですが、アフィリエイトの仕組みを知っていれば、当然ながら、発生が見込めることは理解できるでしょう。

とにかく記事は成約に近いワードで上位表示させる必要性があります。

そのために、Cワードを使うわけですが、上手く共起語が組み込まれているため、上位表示できる可能性が非常に高いわけです。

初期投資が必要になりますが、上位表示のコツがわからない方には、惜しむべきではないと言えるでしょう。

複数サイトを運営していく上で、必ずCワードを使ってよかったと思えるはずです。

疑問点5:他人の記事と被ってしまうことはないのか

今回の共起語文章作成ソフト@Cワードも文章吐き出しですが、他にCワードを使っている人の記事と被ってしまうのではないかという疑問がありますよね。

特にジャンルが同じなら、被ってしまうことを恐れる方も多いです。

ただ、Cワードは、公式サイトにあるように、「組み換え方式」を取り入れています。

予めつながった文章を何パターンも用意しておいて、文節ごとに組み替えて1つの文章を作る仕組みになっています。

つまり、他人と極めてかぶりにくい文章を吐き出すことが可能になっています。

アフィリエイターの方で、Cワードを使っている方はかなりの数でいるようですが、私が知る限り、記事の文章が被ってしまい、コピーコンテンツ扱いになったという話は特にありません。

Cワードは結局ライバルの強さ次第だが競合を調べておけば上位表示は可能

Cワードでどこまで平均順位が上がるのかという話ですが、当然ながら、SEOに絶対は有りませんので、確実に全てが上位表示されるというわけでは有りません。

ライバルの強さ次第になってしまうわけですが、最初に競合を調べておけば、ライバルの強さ次第で、上位表示は可能です。

・そのキーワード比率、共起語を含む文章
・そのソース構造
・そのバックリンク

でそもそも、記事の順位は、上がっているわけです。

その中の重要ポイントの1つのキーワード比率、共起語を真似れば上がる確率は高いです。

Cワードの公式サイトでは、実際にモニターで試した、上がった実績などが掲載されていますので、こちらを見れば、だいたいどのように上がってくるのかが把握できるはずです。

まとめ

キーワード、共起語を盛り込む、というSEO対策がソフトでできるのがCワードですが、ブラックな手法であるとも噂されていますが、疑問点を一つ一つ書いてみました。

しかし、純粋に組み換え記事を吐き出す仕組みである上、ペナルティやコピーコンテンツになる可能性は極めて低いです。

「どんなワードでも絶対、上位表示します!」というSEO業者はありませんが、中古ドメインの良し悪しを調べたり、上位表示された記事にのみ外注記事と差し替えるなど、アフィリエイトを効率よく進めていくことができるツールだと言えるでしょう。

私も、実際にCワードを使っていて、順位の大幅な下落も有りません。

この機会に、是非試してみませんか?

\公式サイトはこちら/

Cワードを詳しくチェックする