共起語文章作成ソフト・Cワードで稼げる?使い方と攻略法

今回は「共起語文章作成ソフト@Cワード」について詳細と攻略法を書いてみたいと思います。

私は、文章を書くことは特に苦手ではないのですが、複数サイトを運営していて、15サイト以上の運営をしています。 アフィリエイトで文章を書くのは作成に時間がかかりますよね。

このため、しばらくは待ちの姿勢で記事を仕込みたいと考えてみた時に、cワードを使っています。

実際に使ってみる前までは必要がないと思っていましたが、今となっては、「共起語文章作成ソフト@Cワード」は良いと感じています。

共起語文章作成ソフト@Cワード」とは何なのか?使い方や攻略法についてご紹介したいと思います。

特に文章を書くのが苦手な方、中古ドメインの可否を知りたい方、書いても書いても結果が出ない方、にはおすすめです!

\公式サイトはこちら/

Cワードを詳しくチェックする

Cワードってそもそもどういったものなの?

アフィリエイトサイトを作りたい…と考えた時に、文章を書くことが苦手だったり、上位表示させるためのテクニックがなくて、不安だと感じていませんか?

そこで、おすすめなのが「Cワード」です。

今回は上位サイトのキーワード構造をパクる(トレース)して記事を生成するソフト「共起語文章作成ソフト@Cワード」についてご紹介します。

Cワードとは、あくまでも、上位サイトを参考に共起語、キーワード比率を自由に調節した文章を吐き出すというソフトです。

自動なので、当然ながら、日本語として不自然な文章です。

けれども、すごいことに、高確率で上位表示されるのが特徴です。

文章表現はおかしいものの共起語などの言葉が記事に盛り込まれているので、当然ながら、SEOに有利なツールです。

Cワードというソフトの情報は出回っていますが、その方法について詳しく見ていきたいと思います。

共起語って何?

共起語はそのキーワードと一緒に出てくる言葉を指しています。

実は上位表示されている記事は、こちらの共起語が含まれている良質な記事なんですよね。

これらが含まれていなければ、上位表示することが難しいと言われています。

たとえば、「酵素ドリンク」のサイトを作ったのであれば、同ページ内、サイト内には恐らくこれらのワードが入っています。

お嬢様酵素
ダイエットのコツ
断食
ファスティング
食事
リバウンド

このように、特定のキーワードに対して、連想させるワードを共起語と言います。

引用:Cワードより

こういった風に、何かの紹介記事において、連想されるキーワードのことを共起語(関連キーワード)と言います。

ちなみに、共起語が含まれている文章はSEOにおいて評価されやすいと言われています。

実際にGoogleはこの共起語が含まれる文章を好んで上位表示させています。

つまり、共起語を攻略しないと上位表示できないんですよね。

Google攻略ツールであるCワード

Cワードは、Google攻略ツールとも言われています。

使い方は、すでに稼いでいるサイトの共起語を参考にして、そして「SEOチェキ!」という無料のキーワード抽出サービスなどで、吐き出された共起語、そして出現回数をコピーし、そして貼り付けるだけ。

そうすることで、上位表示されているサイトと同じように、共起語、そしてキーワードの出現回数を満たした文章が完成します。

使い方は簡単。具体的にはこれらのステップになります。

1.上位サイトのキーワード構造をキーワードチェックサイトで調べる
2.それをソフトにコピペする
3.生成ボタンを押す

とても簡単ですよね。

最初の頃は、上位表示させるテクニックもないままで、どのように共起語を組み込めばいいのかわからないという方も多いですが、Cワードを使えば、これだけ簡単に上位サイトと同じキーワードの比率で書くことが出来ます!

Cワードを使った方法はブラックなのか

Cワードを使う上で、「ブラックな手法なので、Googleに認識されるとよくないのではないか」と疑問を持っている人もいますよね。

ただ、Cワードは上位サイトのように共起語を一定回数盛り込んだ文章を完成させるだけ。

まるごとコピーするわけでもなく、一生懸命書いた記事だろうが、吐き出した記事だろうが、評価というものは変わりません。

そして、正攻法で上位表示させた記事でも、Cワードを使った記事でも、同様に上位表示させてしまえば、Googleからの評価は同じです。

実際にGoogleのペナルティは食らっておらず、普通に上位表示されたり、評価されたという口コミばかりです。

私も、使っていて実際にそう感じています。

ただ、懸念材料としては、この「共起語文章作成ソフト@Cワード」で作った文章を普通に使ってサイトに表示させたら、その不自然な文章を見たお客さんはアフィリエイトリンクを踏むこと無く離脱してしまいますので、その後きちんとした記事に差し替える必要性があります。

最初から、文章を大量に書けない、自信がないという人は、楽して種を撒くようにして、上がったサイトだけに力を入れることをおすすめします。

Cワードでペラサイトを量産することができる

共起語作成ソフト@Cワード」ツールを使用すれば、ペラサイトを効率よく作成することができます。

書いても書いても結果が出ない…という方は、これさえ知れば、偵察をするペラサイト群を作り出すことが出来ます。つまり、正規のコンテンツに差し替える必要がありますが、間違いなくサイト作成のスピードはかなりアップしていくと言えるでしょう。

サイト作成の無駄を省くことができて、そして上位表示されたところにのみ集中することによって、稼ぐサイトを量産できます。

従って、この方法を知らないでサイトを作成しているライバルがいたとしても、グッと差をつけることができる手法だといえるでしょう。

少々おかしい文章でもあとで手直しをすれば良い

Cワードを使って、記事がきちんとインデックスされて評価されるのか…と不安に思っている人もいると思います。

ただ、そんな記事を使っても上がるときは普通に上がります。

おかしい文章でも普通にインデックスされますし、上がるときは普通に上がるので、心配しないでくださいね。

そして、共起語をしっかりと入れた文章ということもあり、グーグル的にはソフトで生成した記事だろうが、自作だろうが、判断をしていません。

同様の文字数で自力でコンテンツを書いた場合、このCワードの機械的文字列のコンテンツに負けてしまう可能性もあります。

そして、こちらのCワードを使って、種を撒いて、上位表示させることができれば、自分の力を入れた文章と差し替えることで、発生を見込めます。

効率よく、上がった記事だけを手直ししていくので、成果が出るまでも早いですし、無駄な労力もかからないわけです。

Cワードの購入方法は?

Cワードinfotopというサイトで購入することができます。

文章を書くことが苦手だとか、遅いという理由で、ブログやアフィリエイトで稼ぎたいと考えている人は多くいると思います。

文章は苦手でも、ツールを使ったブラックSEOを活用することで稼ぐことが出来ます。

本来ならば、才能やセンスが必要な世界なのですが、Cワードというツールを使えば、後発組でも、先発組やセンスのある人と同様に渡り合うことが出来ます。

>Cワード通常版120記事【top】はこちら

中古ドメインが使えるかどうかにも使える

アフィリエイトサイトを作る際には、中古ドメインを購入して作っていく方も多いです。

Cワードは中古ドメインの選定にも使えます。

中古ドメインには当たり外れがありますが、Cワードを利用することで、使えるドメインかどうか?をまず試すこともできます。

その際、コンテンツいれるのに、わざわざ外注記事買ったり、一から記事を書いていくよりも、このCワードで共起語を含んだコンテンツを入れていくほうが明らかに効率がよいですよね。

Cワード通常版120記事【top】はこちら

まとめ

Cワードは画期的なアフィリエイトをやりやすくするためのツールです。

要するに、上位にいるサイトの共起語構造をなるべく楽して文章にできないか?

そしたら上がるんじゃね?
上がってからちゃんと作ったらいいんじゃね?というノリで生まれたソフトです。

こちらがあれば、後発組や、文章を書くことが苦手な人、セールスライティングが苦手な方も、十分に戦っていけるでしょう。

使い方も簡単で、上位サイトをコピペし、SEOチェキにのURL欄に入れてチェックボタンをおします。

1.上位サイトのキーワード構造をキーワードチェックサイトで調べる
2.それをソフトにコピペする
3.生成ボタンを押す

あとは共起語文章生成ボタンをおせば、出力記事数に入れた数だけ記事が自動で出来上がります!

つまり、上位表示と同じキーワードを含む文章を自動で作ってくれるんです。

そして、Cワードのツールで生産される共起語を絡めた長文記事は、現在のSEO対策でもかなりの効果が見込まれています。

実際に、こちらのツールを使い、ブラック手法で徹底的に稼ぐ方も増えています。本当に楽で、1回ツールを買えばお金がかからないので、とてもコスパが良いのも魅力ですね。

  • 即日・短期間で楽に成果を出したい方
  • 文章を書くのが苦手な方
  • 上位表示させるテクニックがない方
  • 初心者の方
  • 中古ドメインが使えるか試したい方

こんな方におすすめです!ぜひこの機会に試してみませんか?

Cワード通常版120記事【top】はこちら

Cワードの疑問点を解決!Cワードを使った上での疑問点と答え