アフィリエイトはSNSで集客しなくても稼げる!?SNS集客は必要なし

月収100万円を稼いでいるユナです!

アフィリエイトサイトへ集客する方法として「SNS」を使う方法がありますし、今では、個人ブランディングで売ることなどを目指している方もいたり、「グーグルのアップデートで安定しないからSNS流入は必須」だと噂が流れています。

しかし、本当にそうでしょうか?

私は、以前までSNSでの流入を狙い、特化型サイトの方や、こちらのサイトへと流入させるように実験をしていました。

しかし、SNSからの集客なんて微々たるものだって気づきました。

現在において、99%の売上がグーグル検索からです。

特化型のサイト、ブログの場合、SNSを使わずに稼ぐことができます。

そこで、SNS流入が必要がない理由や、実際のことについて検証結果をご紹介したいと思います。

検索エンジンから集客をしたほうが質の濃いアクセスを効率よく集められる

皆さんは、今すぐ客、濃い客を意識したことはありますか?

検索エンジンから集客したほうが「ユーザーが何を求めているのか」がハッキリしているので稼ぎやすいですね。

やはり検索エンジンからの集客を行うことは質の濃いアクセスを効率良く集められるからです。

現在、Googleが検索ツールとしてNO1である以上、「お客さんの質の濃さ」という話になると、現時点では検索エンジンに勝るものはないのです。

薄い数よりも濃い客を

確かに、「お客さんの数」を重視するのであれば、SNSなどのメディアを駆使していけばそれなりの数を短期間で集めていくこともできます。

ただ、YoutubeやSNSから集まってくるアクセスというのは質が薄いアクセスです。

そもそもYoutubeやSNSを利用しているユーザーの意識は暇つぶしをしている人が多数です。

140文字のツイートの中からなにか情報を得たいという方なので、積極的に「情報を取りに行くという姿勢」が極めて低いからです。

SNSの拡散力はものすごいですが、それらは一過性のアクセスです。

SNSのバズによる一過性のアクセスの問題点と収益性

バズが生むアクセスは一過性で、大体、2日、3日で元のアクセス数に戻ります。

このバズを狙い、特定のイベントで収益を伸ばす方法はあります。

たとえば「amazonプライムデー」や、その他「その日にしかないイベント」など。

ただ、小さいバズで終わることがほとんどですので、その日か2~3日で終わってしまいます。

特化型サイトなら、バズらなくても稼げる

私は、SEOを中心の特化型サイトで稼いでいます。この場合、不特定多数のPVを意識しなくても、CVさせることができれば、少ない流入でもバズらせなくても稼げます。

バズった記事に不特定多数のユーザーがくることは、嬉しいのですが、ユーザーの層が、商品、サービスを購入、利用してくれそうな濃いユーザーでない場合が多いのがSNSの特徴です。

したがって、野次馬のように見に来ることはあれど、そこから成果や、報酬というのは発生しにくいです。

これが、インスタの写真から購入できるようになっていれば、話は別ですが、Twitterの場合だと、そこから記事に誘導し、そしてクリックさせる形になりますので、購入までの経路が長いです。

そう考えると、自分が狙っているユーザー層を、特定のキーワードで集められる検索エンジンからの方が、濃いアクセスになるので、とても効率的ですよね。

多くの野次馬を狙うか、購買意欲の高いユーザーを集めてくるかどちらが効率的か、考えなくても分かるはずです。

ASP広告で検索エンジンから濃いアクセス、今すぐ客を集めよう

ASP広告で稼ぐ場合は、検索エンジンから濃いアクセスを集める。

SNSで自然に拡散されて、被リンクが欲しいという方はいますが、この場合、最初に中古ドメインを買えばいいだけ。

中古ドメインなら、選定さえしっかりとすれば最初から、質の良いリンクが付いているので、このような拡散が必要がありません。

SNSで自然に被リンクを得ようと思えば、フォロワーを増やすために努力が必要ですし、日々役立つツイートをしたり、いろんな人コミュニケーションしたりと、地味ながらも結構忙しくなってしまうので、これって不労所得とは言えません。

とにかく質の薄い客に購入させるのはとても大変です。

このように、ASP広告をメインとする場合はハッキリ言って検索エンジン一本だけで稼げます。

私は、1年数ヶ月で、月100万円を達成しました。もちろん、検索エンジンのみで、その他の集客は意識していません。

検索順位が上がれば無双状態

検索順位が上がれば、その検索ワードからユーザーが見にきてくれるわけだから、ユーザーの質が濃いってことになりますので、特化型サイトの場合はSNSは必要ないですね。

むしろ、特化型のサイトの場合は、ソーシャルボタンを設置しなくても稼ぐことができます。

つまり、「どれだけサイトのテーマに合ったユーザーを集めることができるか」がポイントになってくるので、闇雲にSNSで集客する必要がないです。

ただし、検索エンジンというのは、アップデートのたびに、すぐ検索順位を下落させてきます。

そのために、キーワードを工夫し、ブルーオーシャンで攻める。

そして、サイトのコンテンツを充実させて、検索エンジンからの評価を高めた方がいいですね。

SNSで集客する場合は、自分で宣伝しなければいけないというデメリットはありますが、検索エンジンからのアクセスが多くなると、サイトを自動販売機化することができて、不労所得となります。

キーワード選定
案件・プログラム選定
記事を書く
SEO対策

この4つでSEO対策をして集客することになりますが、数ヶ月で月に10万稼ぐサイトになる可能性がありますから。

ホワイトで攻める場合には、質の高い記事を書きまくって、放置だけで、これだけ稼げるのですから、どちらが効率がいいのかわかると思います。

まとめ

アフィリエイトには、SNSからの集客は必要がありません。

月100万円程度を安定して稼げている私が断言します。

検索エンジンを利用するユーザーの意識としては「知りたい情報を自分から調べにいっている」という姿勢があり、キーワードを工夫すれば、購買意欲の非常に高い層ばかりを呼び込むことが出来ます。

自分自身から情報に歩み寄るとする気持ちで検索エンジンを利用してアクセスしてきますので、とても楽ですよね。

つまり、検索エンジンを使うユーザーは目的がはっきりしている意識の高い人というわけなんです。

要は、暇つぶし感覚で利用しているSNSユーザーを大量に集めるのと目的意識がはっきりしているユーザーをごく少数でも集めるのとでは、とんでもない差があることにお気づきでしょうか。

暇つぶしの方に納得してもらい、購入させることはとても難しい。情報を渇望している人に対して、すっと情報を差し出すほうが遥かに楽ということ。

そしてアクセスの質の濃さをもっと厳密に表現するのならば、

やはり、キーワード選定に全てが集約されると言えます。

このキーワード選定を意識するだけで、質の濃いアクセスがどんどん湧いてくるように集まるのです。つまり、キーワード選定だけに目を向けて実践していくことをオススメします。

そこでアフィリエイトの稼ぎ方については、下の初心者向けnoteでもまとめていますので、参考にしてみてください。

ぜひWordPressで本格的に収益化してみてくださいね。

手順やること
1サーバーを借りる
2独自ドメインを取得する
3WordPressをインストールする
4無料のテーマを設定する
5ブログを書き始める

YUNAが教える月50万稼げるブログの「型」の作り方noteはこちら