アフィリエイトは最初から外注すべき?外注するべきかどうかの解説。

アフィリサイトを外注化して、楽して儲けたい…。と考えていませんか?

自分で書くのが苦手という人は結構いますよね。

  • 「アフィリエイトの外注化戦略を知りたい。アフィリを頑張りたいけど時間がない」
  • 「毎日何本も書けない、アフィリサイトのライティングを外注化して、最初から自動収益が入ってくるマシーンを作りたい」

と思っていませんか?

外注をうまく使いこなせるようになると時間がめちゃくちゃ増えるという人もいますし、自分で記事を書かなくていいので収益が加速するという考え方もあります。

そこで、外注化をするべきかどうか、私の考え方を述べていきたいと思います!

ちなみに、私は月100万円ほどを平均して稼ぐアフィリエイターです。こちらのnoteで詳しくどうぞ。

働きたくない!月50万欲しい!YUNAが教える月50万稼げるブログの「型」の作り方~ジャンル決めからサイト立ち上げまで~のnoteはこちら

アフィリエイトの「外注化」をする前に…ちょっと考えてみて

私は、複数の特化サイトを運営しています。

このサイトについては、自分のメインブログとして、気づきをnoteで販売しているのがメインになります。

他の特化サイトを全部総合して、月7桁の収益が生まれており、全て基本的には自分一人で管理をしています。

ライティングについては自分で書くようにしていて、「外注なしのアフィリ戦略」をとっていると言えるでしょう。

私の結論としては「外注しないでオリジナリティを出して、最初はライターとしてスキルアップしましょう」という結論になります。

オリジナリティと独自性を生み出せない外注化

これはインターネット世界でアフィリエイトサイトを生み出すことについて考えたいのですが、実は頑張って外注をして、サイトを作ったとしましょう。

ただ、あとから出てきた後発のサイトが、恐ろしく見やすく、ライティングがきっちりとしている可能性があります。

この世界でやっていると分かりますが、優秀なライターというのは一握りです。高い金額を出してライティングしてもらったとしても、そのライターが他の企業ブログでも、執筆をしているわけです。

つまり、外注化で高い独自性の記事は生み出しにくいですね。

精一杯オリジナルで書いてもらったとしても、あとからも同じような依頼があれば、たちまち個性はなくなり、抜かされてしまう可能性があります。

キーワードだけを選んで外注化をしても「売れる」記事にならないことがある

私も、ドラマや映画の感想、漫画の感想をクラウドソーシングサイトで依頼したことがあります。

この際に、キーワードを選んで、1000文字程度で依頼をしたのですが、仕上がったものは質が低く、アフィリエイトの成約を出せそうな記事に手直しが必要でした。

クラウドソーシングには優秀なライターさんもいるにはいますが、基本的には雛形で指示をする形です。

また、作業時間に応じて作業量が発生しますので、文字数を満たしていれば、記事がブレブレだし、画像が入っていないです。

質問ですが、そういったサイトを見て、商品を買おうと思うでしょうか。

テンプレのような外注化サイトが心に刺さるでしょうか?大半の人は「No」と答えると思うんですよね。

外注化サイトの問題点をピックアップしてみる

外注化サイトの問題点ですが、先程述べたように、それは、「競合との差別化が難しい」という点だといえるでしょう。

外注というのは、基本的には大量量産をするという形で考えておいたほうがいいでしょう。

時間は削減されますが、「キーワードを選んで効率的に記事量産できるよ」というのが最大の強みなわけで、そこに独自性やオリジナリティが生まれるとは限りません。

つまり、そのキーワードに大企業が参入してきたら終了してしまいます。

個人のライティングスキルがあれば、それを生かして、noteだったり、その他のライティングで稼いでいくこともできるのですが、外注化するとスキルを持っているのは外部のライターですので、沈んでしまえば、自分に何も残らないことになってしまうんですよね。

特に大手サイトは、もともとドメインパワーが強く、コストをかけてライターを養成していますので、個人サイトは倒されていきます。

それよりも、個人のライティングスキルで、独自性を出していくのが賢いのではないかと私は思うわけです。

アフィリエイトで外注をしたとしてもその他の管理が大変ってこと

アフィリエイトで外注をすると、時間がかからず、自分の作業時間が大幅に減ると思っている人はいると思います。

実はこれは大きな間違い。たとえば、記事の執筆を依頼したとして、以下の作業については自分自身でやる必要があります。

  • 納品された記事の添削・修正
  • 記事に適した画像のダウン/アップロード
  • 広告コードなどを編集し、ボタンで装飾(成約を発生させるための工夫)
  • 細かな修正(語尾・言い方など)
  • 作業時間に応じた給与の支払い

御覧の通り、記事の添削などを含めると、ライターさんが実施できる範囲が限られています。

優秀な方に頼めば、こちらも全てやってもらうことはできますが、基本的にアフィリエイトの知識までそれほどない方も多いので、自身で作業する必要があります。

フリー素材の画像を選んでダウンロードする作業をする必要もありますし、全てお願いして実施できるように工夫する必要があります。

つまり、外注マニュアルの作成をしたり、外注のメッセージやり取りとして、チャットワークを使用、外注用の依頼文・メールやり取り テンプレ化したりと、外注の仕組み化づくりをする必要があるのです。

外注の発注をすればするほどキャパ限界を超えることも

記事のクオリティを維持しようと思うと、ライターさんを育てる必要があります。

つまり、人を管理する手間と労力が必要になります。

外注の発注量で、自分のキャパ限界を超えると大変なことになります。

そんな時は、外注の方法・目的を見失ってしまうことになりますよね。

また、自分にはそういった人を管理するスキルがあるかどうかも考えないといけません。

スキルがあったとしても、大変だと感じていれば、それはストレスになります。

アフィリエイターって職人気質な人が多いので、誰しもがこういった外注化をストレスなくできるとは限らないですよね。

ライティングスキルを身に着けておくべき

今の時代は、ライティングスキルがあれば、パソコン一つで稼ぐことができる時代です。

他人に書いてもらうのは簡単です。お金さえ払えば、それなりのテイストのものは仕上がりますが、今後検索の精度はあがり、オリジナリティや独自性のない文章は上位表示しにくくなる可能性もあります。

いつまでも、Googleが検索エンジンを独占するとは限りません。

ライン検索や、その他の検索がメジャーになると、さらに分かりやすく、小説のような文章力が求められる可能性もあります。

どんどん変化していく時代なので、自分がライティングスキルを持っているということが、一番の強みで、リスク回避できるポイントなのではないでしょうか。

まとめ 一人で何でもできるってのは強いってこと

私は、ライティングを含め、サイト設計から、キーワード選び、そしてその他の管理もすべて一人で出来ます。

アイデア、そして自分だけの直感で売れる商品をセレクトして、楽しみながら一人で書いていくことができます。

そこに、誰かを雇って何かをさせることは考えたことがありますが、余計管理の手間がかかってしまうなと感じています。

このあたりはスキルの問題ですが、一人で何でもできるっていうのは作業時間が長くなるかもしれない。

でもこれからの時代、一人で誰を頼ることなく何でもできるっていうのは強みなのではないでしょうか。

私のnoteでは、一人でブログの型に当てはめて、月収50万円以上楽に稼ぐ方法、ライティングのコツなどをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。