アフィリエイトに努力は必要か。努力は必須で天才も努力が必要って本当?

今回のテーマについては努力・天才についてです。

日本社会では、努力が美徳と考えられていて、どんな物事でも、努力が必須と考えられています。

しかし、アフィリエイトに努力が必要なのかというと、こちらは疑問に思えてきます。

私は、アフィリエイトに関して、ライティングに関しては、多くの方に「天才肌」って評価されています。

そこで、アフィリエイトで成功するためには努力が必要なのか。

天才でも努力はするべきなのか。そもそも努力って何?みたいなところも書いていきたいと思います。

アフィリエイトには一定の才能が必要だと気づいた私

私は、以前までTwitterで、フォロワーさんにコンサルを軽くしていたことがあります。

そこで、やはり思ったことがあります。

「アフィリエイトには一定の才能が必要」ってこと。

残念ながら、成功するための一つの指標として、才能は絶対に必須です。

才能がない人が、アフィリエイトは簡単に成功する、自宅でできる職業の一つだと軽々しく始めたとしても、盛大に失敗するのがオチなので、止めておいてくださいね。

私は、稼いでいるブログをいくつも持っているわけで、それを参考として見せてあげたりもしました。

しかし、案の定理解が出来ない人もたくさんいます。

アフィリエイトをやらないほうがいい人の特徴

アフィリエイトをやらないほうがいい人の特徴を挙げていきたいと思います。

結論としては、以下の人はアフィリエイトをやらないほうがいいでしょう。

  • ライティング力、文章を書く力が乏しい人
  • オリジナルのサイトが作れない人
  • 時間がとれない、要領が悪い人
  • 営業が嫌い・やったことがない・セールスが出来ない人
  • コツコツとした作業の積み上げが出来ない人
  • せっかちで売上が上がらなくても分析ができない人
  • 人に流されていろんな手法を取り入れる人
  • 自分の頭で考えられない人
  • ライティングが遅い人
  • 自分の考えをとにかく広めたい・日記を書きたいだけの人

成功する人は、たくさんの失敗を繰り返したり、失敗と挫折を繰り返し、サイトを潰したりしている…地道にやれば、だれでも成功する…と自分を慰めている人も多くいますが、これ、間違っています。

私は、ほぼ失敗せずに、1年数ヶ月で、月100万円程度の成果が出ていますから。

これらの2つ以上に当てはまっているだけでも、相当きつい作業になるだけですし、成果も思った以上に発生しないので、別の副業を探したほうがいいと思います。

無料でコスト少なく、自宅で始められるという点に惹かれただけでは続かない

アフィリエイトで始める人に多いのが、見出しタイトルのような考え方の人です。

無料でやる=趣味の延長線でできるだろうという安易な考え方です。

コストが少なく、自宅で出来て、大きく稼げるなら、自分にもできるだろう…と。

なんとなく、PVを稼いで、読者が増えれば稼げるだろう…。こういった中途半端なマインドでは成功しません。

最初からアフィリエイト=営業・ビジネスと捉えること

最初からアフィリエイトをビジネスだと捉える事で、成功する確率がかなり高くなるといえるでしょう。

ビジネスを始めるのに、無料じゃ出来ませんし、営業をしたことがなければ、一件も売れずに頓挫しますよね?

アフィリエイトはビジネスとして考えたとしても、かなりリスクの少ないビジネスなので、この辺の考え方が甘い方がとても多いです。

私は、アフィリエイトの成功者と呼ばれる、上位1%の人間です。

片手間にアフィリエイト作業をして、アフィリエイトで成功しているわけですが、アフィリエイトは努力次第で必ずお金持ちになる職業ではありません。

世の中にそんな美味しい話はありません(>_<)

一般的な人間の場合、ほぼ無理だと考えておいて良いでしょう。

はっきりいうと天才なら努力はほぼいらない

努力すればしただけ稼げるのがアフィリエイト…という方はいますが、はっきりいって、努力する方向を間違えてしまうと、いつまで経っても稼げないです。

基本を勉強する事って本当に大事ですし、それすら分かっていない人は、全てが水の泡になります。

誰だって才能がほしいと思っていると思いますが、神様は平等に才能はくれません。

私は、実はほとんど社会経験がないのですが、アフィリエイトにおいての集客構造や、SEOについてもやっているうちに分かってしまって、スピーディーに結果が出ました。

なので、私はアフィリエイトを始める際にこれらが必要だと思います。

自分の市場価値と自分の強みを理解する

実績や経験を生かして、自分がアフィリエイトという職業で力が発揮できるのか

初心者でも実はかなり質が高いコンテンツを作ることができる人はいますが、お客さんが求めているマーケットの性質を理解していれば、アフィリエイトの型を見ただけで、一瞬で売れるサイトが作れるようになります。

そして、最初からライティングの才能や、構造を理解して、すぐにアフィリエイトの仕組みがわかり、作業をしていって発生出せるタイプの天才肌の人は、努力をする必要がありません。

アフィリエイトは努力だけでは成功しないってこと。一言で言えばセンスが必要な世界。

多くのアフィリエイターは「努力をして記事を書き続ければ必ず成果が出る」だとか「記事を大量に書くことによって、アフィリエイトの結果はついてくる、とにかく続けましょう」と煽っていることが多いです。

実はこれは、私は全く思いません。

最低限の記事数は必要ですが、そもそも、ライティング力やクオリティが低いものを100も1000記事も積み上げたとしても、全く資産にはなりません。

膨大な時間の消費でしかありません。

まず才能が必要かどうかという点ですが、アフィリエイトには才能の要素はかなり強いといえるでしょう。

才能というのは、言い換えると、「センス」の問題。

このセンスは、営業のセンスはもちろんですが、ライティングのセンスの問題。キーワード選びのセンスの問題にも及びます。

どれかが著しく、欠けていてもダメですし、どれも満たしていなければ、もちろんダメです。

稼いでいる人は例外なくセンスが高い

アフィリエイトで稼いでいる人は、例外なく、これらのセンスが高いってこと。

センスが高いので、早い段階から本質を掴み、そして稼げるようになるってことです。

アフィリエイトというのは広告業です。

アフィリエイトというのは広告業で稼ぐということになりますので、仕掛ける側のポジションであるということ。

演出が上手で、誘導が上手で、共感させて、その気にさせることが上手なセンスが必要。

そして、それをサイト上、記事上で落とし込めるかどうか。

そのへんのライティングセンスも重要な鍵になります。これを最初から持っている人が強いんです。

最初からセンスがない人は努力の方向性がずれていたら、絶対に成果はでてこないんです。

まとめ

今回のテーマは、「みんなアフィエイトを舐めすぎている…」というお話でした。

努力をしても、目が出ない…という方は、元々の自分のセンス、自分の強みというものを考えて見直してみるべきです。

100記事書けば、成果が出る!という言葉に踊らされて、本来の自分の才能やセンスなどを無視して、突き進んでいるだけでは、無駄になるだけなんです。

「時は金なり」昔からよく言われていますよね。私はコレは真実だと確信しているので、無駄な努力というものは避けておいたほうがいいですね!

気になった方は、私のアフィリエイトの型の作り方noteと、セールスライティングのnoteに目を通してみてくださいね。

今回はこんな記事になりましたが、また~!